発達障害の私がトップに上り詰めるまでの道のり、障害者が働く上で大切なこと。

うつ病

虐待やいじめに苦しんだ幼少期、うつ病やPTSDなどの精神疾患が判明した学生時代、そして二十歳の頃に発達障害(ASD,ADHD)と診断された。

とても惨めな人生を歩んできたと思っている。

しかし、現在私は部署のトップに上り詰め、責任者として働いている。

収入も平均以上あり、ようやく人生に落ち着きを取り戻しつつある。

諦めなくて良かったというのが正直な感想だが、ここまでくることは簡単なことではなかった。

今回は自分の体験を通して学んだことを紹介する。

スポンサーリンク

学生時代に感じた違和感

私は高校生に頃から、他人に対して違和感を抱いていた。

同級生と上手くコミュニケーションが取れず、頑張って話しても必ずバカにされてしまう。

そして最終的にはいじめにつながるのだ。

発達障害、特にASDの特徴が強かったため他人と違うことは当然かもしれないが、当時は発達障害の診断が出ておらず、なぜ自分だけ普通じゃないのかと、かなり悩んでいた。

そんな私は将来に対して漠然とした不安を抱いていた。

普通に大学に行って、普通に就職して、ちゃんと働けるのだろうかと。

自分の特性からして高度なコミュニケーションが必要とされる仕事は無理だと感じていた。

様々な仕事を調べていると、ある職業が目にとまった。

それは診療放射線技師という仕事だ。

放射線などを用い様々な検査を行う医療系の仕事になぜか心を奪われた。

診療放射線技師になるためには国家資格が必要で、専門の学部が存在する大学に進学する必要がある。

高校時代に一生の仕事を決めるのは勇気がいる決断であったが、思い切って受験を決めた。

今となっては苦しみながらもこの決断をした自分を褒めてあげたい。

この決断のポイントは他人と違和感から自分の特性をしっかり分析してから、将来について考えることができた点だ。

ADHDやASDの特徴からじっとパソコンに向かって作業する事務職や高度なコミュニケーション能力が求められる営業職は絶対に無理だと思った。

また、医療職の中でも看護師や理学療法士などの濃厚に患者さんと関わるより、検査を行うことで患者さんに貢献できる方が自分には向いていると感じた。

医療職などの命に関わる仕事は発達障害者には向いてないという声もあるが、私は全くそう思わない。

実際に障害を抱えながらも活躍している医師や看護師はたくさんいる。

患者さんのことを考え、病気について突き詰めていく作業は向いている人も多いのではないだろうか。

とにかく自分の特性を知り、得意なこと、不得意なことを見極め、将来について考えることをなるべく早い段階から行うことが大切である。

健常者として働くか、障害者として働くか

大学生時代はメンタル状態の悪化もあり、休学や留年を繰り返しながらも何とか卒業と診療放射線技師免許を取得することができた。

大学在学中に発達障害やうつ病、PTSDの診断も下っていたが最初に就職した職場ではすべてクローズで働いていた。

しかし、私の就職した病院の上司はかなり高圧的で、少しのミスでも怒鳴ったり、時には暴力を振るわれることもあった。

私は不安と恐怖で体が凍り付き、思考も停止してしまい、余計にミスをするという負のスパイラルにはまってしまっていた。

パワハラによる精神的圧力は発達障害の症状をより強くし、うつ症状も急激に悪化させてしまう。

そして最終的には休職、退職に至ってしまった。

この経験から私は発達障害と精神疾患をオープンにして働くことを決意した。

転職活動中から障害者向けの転職サービスを使い、私の身体的、精神的障害を受け入れてくれる職場を探し、現在の職場を見つけたのだ。

障害をオープンにして感じた最大の利点は精神的な安心を感じられることである。

発達障害や精神疾患があることを理解してもらえている安心感は自らの能力を最大限に発揮する条件になる。

安心できる環境では発達障害や精神疾患の症状を最小限に抑え、自らの長所を生かすことができるのだ。

私自身も安心できる職場に移動した途端、自分でも驚くほどに能力を発揮できるようになった。

逆に言えば、前職のようなパワハラや威圧的な人が存在する職場では長所を生かすことはできない。

恐怖が存在する場所では、人は防衛反応が働き、身を守ることが最優先になるため、自分の能力を発揮するどころではなくなるのだ。

発達障害や精神疾患がありながらも成功している人はたくさんいるが、安心できる環境で働いていることは皆共通している点である。

私の経験からも言えるが、障害を抱えながら働く上で一番大切なことは安心できる環境を確保することで、安心できる環境を確保するための強力な助けになるのが、障害をオープンにして職場を探すことである。

障害者の転職のような障害者向けに特化した転職サービスも存在し、専門家のサポートを受けることで発達障害や精神疾患があっても安心して転職活動を進めることができる。

障害をクローズして健常者として働くか、オープンにして障害者として働くかに関わらず、安心できる人と安全な環境に就職することが長期間継続して働く上で一番重要なことだと感じている。

私がトップになれた訳

私が病院の放射線科のトップまで上り詰めた理由はあることを常に意識しながら働いたからである。

それは患者さんのためになること、そして病院のためになること、最後に自分自身のためになること、この三つを満たしていることを見つけ、それをひたすら頑張ったのである。

この「三方良し」を意識し続ければ仕事において間違いはない。

職場のためだからと言って自分を犠牲にしていては長く仕事を続けることは難しいだろう。

私の場合、放射線技師でありながらエコー(超音波)検査の技術を身に着けることが「三方良し」にな生ると考えた。

当時、私の病院ではエコー検査は積極的に行われておらず、エコー検査を行う場合は他院に紹介している状態であった。

昔からエコー検査に魅力を感じていたし、私が技術を身に着けることで患者さんの病気早期発見のために検査を行うことができ、最終的には病院の利益にもつながるのだ。

そのために必死になって勉強し、セミナーなどにも積極的に参加した。

一つのことを突き詰めるのは得意だったし、何より楽しかったのだ。

その途中に私の行動を止めようとしてくる上司や同僚はたくさんいた。

「そんなことしても意味ないよ」とか「余計な仕事を増やすなよ」などいろいろ言われたが、すべて無視した。

その人たちのために働いているわけではないから。

実際にエコー技術を身に着け、検査を開始すると周りの人たちの私を見る目が変わった。

誰もできなかった検査を行えるようになったことで、医師から頼られるようになり、かなり信頼されるようになった。

私に文句を言ってきた上司や同僚はいつのまにか職場を去って行ったのだ。

そして気づいたら私が部署の責任者となっていた。

自分の得意なことで患者さんや職場に貢献できることはとれも嬉しいし、何より自信がついた。

今でも発達障害の症状で苦しめられることはあるが「三方良し」を意識していれば間違った方法に進むことはない。

今では後輩たちのためにストレスのない職場、全員が活躍できる職場を目指して働いている。

能力を最大限に発揮するために

自らの能力を最大限に発揮するためには常に平常心でいる必要がある。

私たちは些細のことですぐにパニックに陥ってしまう。

パニックになると冷静に状況を判断することができなくなり、普段できていることもできなくなってしまうのだ。

大切なのは完全にパニックになってしまうことを防ぐことだ。

まず、自らを内観し、どのような場面でパニックになりやすいかを考える。

そして、パニックになりそうになったときに、それを食い止める方法をいくつか用意しておくと良い。

例えば、深呼吸をしたり、肩の力を意識的に抜いてみたりと些細なことでも十分効果が得られる可能性がある。

自分で自分を落ち着かせることができるようになるとパニックに陥ることが少なくなる。

完全にパニックになってしまうと手遅れになってしまうので、その手前で食い止めることが必要なのだ。

そのためには日頃から自分の内面を観察し、意識的に自らをコントロールする訓練をしなければいけない。

発達障害があろうと冷静になれば苦手を克服することもできるし、長所を伸ばすことも可能なのだ。

それに加えストレスを溜めないように自己管理することも大切である。

私たちは特にストレスに弱く、簡単に押しつぶされてしまう。

だからこそ「これ以上頑張ったら危険だ」とか「今は休むタイミングだ」という内面から発せられるメッセージを大切にしなければいけない。

この身体からの信号を無視するといつかメンタルの不調を引き起こすことになる。

一番大事なのは自分の精神の安定であり、それが保てない職場ならすぐに転職した方が良い。

ストレスが少ないこと、冷静さを保てることが自分の能力を最大限に発揮するために必要なことなのだ。

まとめ

発達障害の特徴は人それぞれ異なり、長所や短所もバラバラである。

まず、自分の特徴を知り、長所を生かし、安心できる環境を確保できれば能力を最大限に生かすことができる。

何をしなければいけないかより、自分が何をしたいかを意識すると本当にやりたいことが見つかるかもしれない。

常に意識しなければいけないのは他人ではなく、自分の内面である。

私の体験が誰かの参考になってくれたら嬉しい。

就職を目指す障害者の方へ

タイトルとURLをコピーしました